書籍TOP

書籍一覧


  • HOME
  • 書籍
  • 2017
  • 偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する

書籍

偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する

偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する

仲新城誠 著

定価 本体1300円+税
判型 四六版ソフトカバー
ページ数 272P
ISBN 978-4-8191-1316-8

以下のオンラインサイトから購入いただけます。

発売日→2017年7月29日


不都合な事実を報じない「沖縄タイムス」「琉球新報」はもう読みたくない!

内容

石垣島のローカル紙、八重山日報が2017年4月、「沖縄本島版」の発行を始めた。
沖縄本島での日刊紙の発行は実に50年ぶり。わずか2カ月で2000部超の読者を獲得し、
新聞受けには「一緒に沖縄を変えましょう」のエールが。
一方で「八重山日報の配達は禁止」という沖縄タイムス名の文書がネットに流出して……。

歓迎、黙殺、妨害…
沖縄メディアに地殻変動!

発行部数1万部目指す
編集長の奮闘記

【主な内容】

  • 沖縄で何かが変わり始めている―はじめに
  • 第1章 なぜ私たちは本島へ進出したか
  • 第2章 「タイムス・新報」の本質
  • 第3章 「無法地帯」の辺野古・高江
  • 第4章 翁長知事と「オール沖縄」
  • 第5章 翁長王国の「先住民」たち
  • 第6章 自衛隊配備に抗議する人々

《ニュースのネット配信が止められない潮流である中、新しい新聞を発行する事業の途方もない困難を考えると、「紙」の新聞が沖縄本島に参入するのは、私たちが最後になるかも知れない。無謀な挑戦者か、新時代への越境者か。……沖縄メディアの変革を目指した「冒険物語」がいつか昔話になるその日まで、……今は一日一日の苦闘を紙面に刻印しながら、歴史の階段を上っている思いである。》(「はじめに」より)

沖縄の言論を変えられるか